排卵

マカの原料ってなに?

ドラッグストアやコンビニエンスストアなどで良く見かけるマカは、男性のための滋養強壮の栄養剤として根強い人気があります。
マカとはどのような食品で、またどういった原料から作られているものなのでしょうか。

マカサプリメントの原料となるマカは、南米ペルーに生息しているアブラナ科の野菜です。
過酷な環境で生き抜くために、大地の栄養を根の部分にたっぷりと蓄えます。
一度マカを栽培した畑では、同じ状態の土壌に戻すのに5年かかると言われています。

マカサプリメントとはどのような食品かというと、使用するのは主に根の部分です。
マカの根は南米ペルーのアンデス地方では、マーケットで売られていることもあり、現物を目にする機会もありますが、マカそのものや種子などをペルー国外に持ち出すことは禁止されています。
そのため日本で売られている製品はほとんどがペルー国内で加工され輸出されたものです。
日本で良く見かけるマカサプリメントの原料には大きく分けると「粉末」「エキス末」という2つの種類があります。

粉末というのは天日にさらし何カ月もかけてじっくり乾燥させた根の部分を、工場の専門の機械によって粉末状にしたものです。
乾燥した根はパウダー状に粉砕をした後サプリメントやカプセルやパウダー状の製品などに加工されます。
特有のにおいや苦みがあるのが特徴です。
粉末は加工がしやすく、細かくなるため体内での吸収率が良く、純粋にマカの栄養分を摂取ができることが大きなメリットといえます。

一方のエキス末は、乾燥させたマカの根の部分をエタノール抽出という方法によって、根の中に含まれている有効な栄養成分を濃縮させて、粉末状にしたものを指します。
エキス末は主に錠剤タイプの製品に使われています。
エキスを抽出するために、粉末よりも多くの根を使用する必要があります。
1キログラム分の製品を製造するためには生の状態の根で換算すると、なんと約20キログラムが必要となります。

そのため粉末タイプと比べると、たくさんの栄養分が含まれていることが大きな特徴です。
中でも特有成分であるベンジルグルコシノレートと呼ばれる、更年期にみられる症状を緩和するともいわれている栄養素が多く含まれています。

サプリメントなどは誰でも効果が期待できますが、摂取しすぎなどは身体に影響を及ぼす可能性もありますので、注意書きをよく読んで摂取しましょう。