メインイメージ

マカに含まれる必須アミノ酸とは

マカに含まれている必須アミノ酸とは

マカには必須アミノ酸という種類に分類されるアミノ酸が含まれています。
必須アミノ酸とは、人間の体内では作り出すことができないアミノ酸のことです。
ロイシン、イソロイシン、バリン、メチオニン、トリプトファン、フェニルアラニン、スレオニン、リジン、ヒスチジンという計9種類のアミノ酸が必須アミノ酸に分類されます。
マカにはこの9種類のアミノ酸全てが含まれているため、体内に必要なアミノ酸を一気にまとめて摂取できます。

必須アミノ酸の効果

マカを摂取すれば必須アミノ酸を通してたくさんの効果を受けられます。
具体的にどのような効果があるのか、以下の項目でひとつずつ見ていきましょう。

脂肪の燃焼

ロイシンは脂肪の燃焼を促進する効果があります。
そのため、ダイエットのために運動を取り入れている人はロイシンを摂取することにより、脂肪を効率よく燃焼できます。

疲労回復や筋肉増強

イソロイシン、バリン、ロイシンの3つはBCAA(Branched Chain Amino Acids)とよばれており、必須アミノ酸の中でも疲労回復や筋肉の増強に効果的な成分で知られています。
そのため、筋トレに励んでいる人や疲れがたまりやすい人にとっては特にありがたい成分です。

精神機能の改善

メチオニン、トリプトファン、フェニルアラニンの3つはうつ病による気分の沈みや月経前のイライラ感といった精神的な症状の改善に効果的です。
ストレスが溜まっている場合や、精神が不安定な場合はこの3つの必須アミノ酸が心強い味方になってくれます。

肝機能を向上

ロイシン、イソロイシン、バリン、スレオニン、リジンは肝機能に関する効果を持っています。
ロイシンは肝機能の低下によって起こる食欲不振の改善、イソロイシンやバリンは肝性脳障害(肝機能の低下によっておこる意識障害)の改善に効果的な成分です。
また、スレオニンに関しては脂肪肝の予防効果、リジンに関してはカルシウムの吸収や糖質の代謝を手助けして肝機能をサポートします。

子供の成長を促す

スレオニンやヒスチジンは子供の成長を促してくれる必須アミノ酸です。
特にスレオニンは子供の成長において欠かせない成分であり、スレオニンが足りなくなると成長障害が起こってしまいます。

まとめ

必須アミノ酸はどれも重要な役割を担っているため、必ず食べ物や飲料から摂取する必要があります。
マカであれば9種類の必須アミノ酸をバランスよく摂取できるため、健康のためにマカを飲用してみてはいかがでしょうか。

関連コラム一覧