メインイメージ

マカに含まれる非必須アミノ酸とは

マカに含まれている非必須アミノ酸って何?

マカは、さまざまなアミノ酸が含まれていることで知られている食べ物です。
その中でも、グリシン、アルギニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、セリン、アラニン、チロシン、プロリンという8つの含有成分は、「非必須アミノ酸」に分類されています。
非必須アミノ酸とは、体内で合成することができるため必ずしも食べ物から摂取しなくてもよいアミノ酸のことです。
しかし、非必須という名前がついているからといって、人間のからだにとって不必要という意味ではありません。
非必須アミノ酸は全部で11種類あり、そのうちの8種類がマカに含まれていますが、どの非必須アミノ酸もからだの機能に欠かせないものばかりです。

マカに含まれている非必須アミノ酸による効果

マカに含まれている非必須アミノ酸を摂取すると、健康や美容においてよい効果を与えてくれます。
具体的にどのような効果があるのか以下の項目で解説していきます。

疲労回復

アルギニン、アスパラギン酸、グルタミン酸、グリシン、セリンは疲労回復に効果的な成分です。
アルギニンは疲労の原因であるアンモニアという物質の増加を抑えてくれます。
またアスパラギン酸は疲労の原因になる乳酸を分解する効果、グルタミン酸は運動後などに筋肉の疲労回復を行う効果があります。

グリシンやセリンに関しては、質のよい睡眠をサポートしてくれる成分です。
グリシンやセリンを摂取することにより、からだに溜まった疲れを睡眠中にしっかり取り除けます。

肝機能の向上

アラニンやアスパラギン酸は、肝機能の向上をしてくれる成分でもあります。
特に、アラニンはアルコール摂取時に発生するアセトアルデヒドの分解を肝臓内で促進したり、肝臓を動かすためのエネルギー源となってくれたりする成分です。

うつ状態を緩和

チロシンを摂取すると、体内でドーパミンやノルアドレナリン、アドレナリンといった物質に変換されます。
これらの物質は、やる気を起こさせたり、積極的に活動することを促したりする物質であるため、うつ状態の改善にも役立ちます。

美容サポート

アルギニン、アスパラギン酸、プロリン、セリン、チロシンは美容において役立つ成分でもあります。

アルギニンやアスパラギン酸は肌の保湿効果、プロリンは肌に保湿を与えるコラーゲンの合成の促進、セリンはシミやソバカスの原因であるメラミンの抑制効果などがあります。
また、チロシンは美髪を作るのに効果的な成分であり、黒髪を保ち、白髪の発生を抑制してくれます。

まとめ

マカに含まれている非必須アミノ酸は、疲労回復や肝機能の向上、うつ状態の改善といった健康面だけでなく、美肌や美髪作りにも効果的です。
マカは非必須アミノ酸を一度にたくさん摂取できるため、気になる方はぜひマカを飲用してみてはいかがでしょうか。

関連コラム一覧