メインイメージ

マカの過剰摂取には要注意

マカを過剰に摂取しても効果が倍増するわけではない

マカは、サプリメントの形で販売されていることが多いため、商品には必ず1回に摂取すべき量が記載されています。
その摂取量を守っていれば基本的には問題ありませんが、なかにはマカを過剰に摂取しようと考える人もいます。
なぜなら、マカにはアミノ酸やビタミン、ミネラルといった重要な栄養がたくさん含まれているからです。
しかし、栄養を一度にたくさん摂取したからといってその効果が倍増するわけではありません。
それどころか、マカを一気にたくさん摂取したことにより体調を崩してしまう可能性があります。
そもそも、マカに限らずサプリメントや薬を作っている会社は、最もよい効果が出るとされる分量を1回分の摂取量として設定しています。
そのため、マカを摂取する際は必ず摂取量を守るということが重要です。

マカを過剰摂取するとどうなる?

マカを過剰摂取すると、体内に入ってきた数多くの栄養を処理するのにからだが追いつかなくなり、さまざまな栄養を合成する肝臓や、不要なものを処理する腎臓が不調を起こし、その影響で下痢や吐き気などの悪い症状が出てしまいます。
そのような症状を引き起こさないためにも、マカの過剰摂取は絶対にやめましょう。

ペルーでの摂取量を参考にするのは危険

マカの原産国であるペルーではマカを日常的に摂取することが多いです。
日本のようにサプリメントとして摂取するのではなく、料理やお菓子の材料としてマカを使うため、サプリメントのように1回の摂取量を厳密に決めているというわけではありません。
しかし、日本で購入できるマカのサプリメントはペルーで使われているような生のマカとは異なり、成分を何倍にも濃縮しているものもあるため、ペルーの人たちのように摂取量を決めずに飲用するのは危険です。
料理に混ぜて使える粉末状のマカもサプリメントと同様に、推奨量が定められています。健康を害さないためにも、かならず記載されている推奨摂取量を守りましょう。

まとめ

「からだによいもの」と聞くとたくさん摂取すると効果も増えるように感じられますが、それは間違いです。
からだを元気にするはずにも関わらず、マカを過剰摂取したせいで体調を崩してしまっては元も子もありません。
マカに限らず、どんなものでも過剰摂取はからだを壊す原因になりかねないため、適量を摂取することを必ず心がけましょう。

関連コラム一覧