メインイメージ

マカに含まれるビタミンとは

マカにはどんなビタミンが含まれているの?

マカにはさまざまな栄養が含まれています。
その栄養のひとつとして注目されているのがマカに含まれているビタミンです。
ビタミンと一口にいっても数多くの種類がありますが、マカに含まれているビタミンの種類はビタミンC、E、B1、B2、B6、B12の6つです。

マカに含まれているビタミンの効果

マカに含まれているビタミンはどれも健康を維持する上で欠かせないものばかりです。
また、なかには美容や生理に有効なものもあるため、女性も必見の成分といえるでしょう。
具体的にどのような効果があるのか解説していきます。

ビタミンC

ビタミンCは体内で作り出すことができません。そのため、必ず飲食物から摂取する必要があります。
ビタミンCは「美容に効果的なビタミン」ともいわれており、健康的な肌を保つ上で欠かせないコラーゲンの材料として使われています。
また、老化を進める原因である酸化を防ぐ効果もあるため、アンチエイジングに気を使っている人は特にありがたい成分だといえます。

ビタミンE

ビタミンEも、ビタミンCと同じく酸化を防ぐ作用があります。
数あるビタミンの中でも特にこの作用が優れていることから、ビタミンEは別名「若返りのビタミン」とよばれています。
ビタミンEが不足するとからだの中で酸化がすすみ、肩こりや冷え性、肌荒れなどを起こしやすくなります。
また、細胞が老化し、動脈硬化などの生活習慣病にかかるリスクが高まるため注意が必要です。

ビタミンB1

ビタミンB1は、炭水化物からエネルギーを作り出す作業に深く関わっている成分です。
そのため、不足するとどんなに炭水化物を摂取したとしても十分なエネルギーが作り出せず、疲れがすぐに溜まるからだへと変化していきます。
特に、頻繁に運動をしている人や炭水化物をよく食べる人はビタミンB1の消費が激しいため、意識的にビタミンB1を摂ることが大事です。

ビタミンB2

ビタミンB2は粘膜を保護したり、髪や肌の健康を守ったり、成長期の子供の発育に関わったり数多くの働きをしている成分です。
ビタミンB2が不足すると、口内炎や肌荒れが起こるリスクが高まります。
また、子供がビタミンB2不足になるとからだの成長に支障をきたすことがあるため、育ち盛りの子供は特に積極的に摂取すべき成分です。

ビタミンB6

ビタミンB6はタンパク質からエネルギーを作り出す際に欠かせない成分です。
それ以外にも、ドーパミンやアドレナリン、セロトニンといった分泌物の合成にも深く関わっています。
これらの分泌物は、精神機能を正しく維持する上で重要なものであり、ビタミンB6の摂取は生理前のイライラや憂鬱な気分の改善にも効果的であることが分かっています。

ビタミンB12

ビタミンB12は血液中に含まれているヘモグロビンという物質を作るのに欠かせない成分です。
肉や魚などをバランスよく食べているのであればビタミンB12不足になるリスクはほぼありません。
ただし、野菜しか食べないなど偏りのある食事をしているとビタミンB12が不足して、貧血を起こすことがあります。

まとめ

マカに含まれているビタミンはどれも生きていく上で欠かせない成分です。
マカはビタミン以外にも、アミノ酸やミネラルなどの人間に必要な成分を数多く含んでいる食べ物であるため、一度に多くの栄養を摂取できます。

関連コラム一覧