メインイメージ

マカに含まれるミネラルとは

ミネラルは人間にとって重要な栄養素

マカはミネラル分が多いことで知られています。
ミネラルとは、タンパク質や脂質、ビタミン、炭水化物と並ぶ5大栄養素のうちのひとつです。
ミネラルには数多くの種類がありますが、マカに含まれているのは亜鉛、カルシウム、鉄分、セレンなどが挙げられます。
ミネラルが不足してしまうと、骨や筋肉が弱くなったり、貧血の原因になったりします。
つまり、人間のからだにとってミネラルは必要不可欠な成分なのです。

マカに含まれているミネラルの働き

マカに含まれているミネラルはそれぞれ体内で重要な役目を担っています。
どのような働きがあるのか、以下の項目で解説していきます。

亜鉛

亜鉛は体内のさまざまな場所で活躍している成分です。
例えば、飲食物の味を正しく感じ取るために働いたり、子供の成長をサポートしたりします。
他にも、亜鉛を積極的に摂取することによって免疫力の向上や、美しい肌や髪の維持ができ、男性の場合だと男性機能の向上ができます。

カルシウム

ご存じの方も多いように、カルシウムは骨や歯を構成するのに欠かせない成分のひとつです。
カルシウムは筋肉の収縮や出血時の血液凝固、興奮状態を抑制する際にも使われます。
不足すると骨に貯蓄されたカルシウムを溶かして使用することになるため、結果的に骨粗しょう症(骨がもろくなる病気)になるリスクがあがってしまいます。

セレン

セレンは、強力な抗酸化作用(老化の原因となる酸化を止める作用)を持っています。
セレンの抗酸化作用のパワーはビタミンEの60倍以上ともいわれており、アンチエイジングにおいて欠かせない成分です。
また、セレンにはがん予防にも効果的であり、血液中に含まれるセレンの量が多い人はがんの発生率が通常よりも低いといわれています。
いつまでも若々しく元気なからだを維持したいのであれば、セレンの摂取は効果的といえますが、セレンは通常の食生活を送っていれば不足することはまずありません。

鉄分

鉄分は、血液中にある赤血球を作る材料でもあります。
体内の鉄分が不足すると赤血球の数が少なくなります。
赤血球は酸素を運ぶ重要な役目を担っているため、その赤血球が少なくなるとからだ全体が酸素不足になり、頭痛や疲労などの不調が現れます。

まとめ

マカに含まれているミネラル分はどれも体内に欠かせない成分であるため、不足すると深刻な問題を引き起こします。
特に、カルシウムや亜鉛、鉄分は不足に陥る人が多いため、マカを摂取してミネラルを補ってみてはいかがでしょうか。

関連コラム一覧