メインイメージ

オーガニックのマカとは?

オーガニックのマカの特徴

マカといえば男性はもちろん、女性にもさまざまなよい効果を与えてくれることで知られている食べ物です。
もともとはペルーが原産国ですが、2000年代の初めにテレビでマカについて紹介されたことをきっかけに日本でもマカが注目されるようになりました。
そのため、今ではマカを使ったさまざまな商品が国内で出回っています。
なかでも品質のよいマカとして注目されているのが、オーガニック栽培をしたマカの商品です。
今回はオーガニックのマカについて詳しく紹介します。

そもそも「オーガニック」とは

オーガニックとは「有機栽培」という意味を持っている言葉です。
3年以上、農薬や化学肥料を使っていない農場で採れた農作物をオーガニックとよびます。
農薬や化学肥料を使って栽培した方が手間をかけなくて済みますが、環境にはあまりよくありません。
また、農薬などがついたままの農作物を食べるのはからだにも良くないため、オーガニック栽培された農作物を選ぶ人は多いです。
マカを含め「オーガニック」と表記したい商品には必ず「有機JASマーク」を記載するように法律で定められています。
この「有機JASマーク」を記載するためには、厳しいチェックをクリアする必要があります。
農場での栽培方法はもちろん、商品化する際の製造工程や流通方法、商品の保存の仕方など隅々までチェックされるため、細かく品質管理しなくてはいけません。
ここまで細かく徹底してチェックするからこそ安心して食べることができます。
そのため、オーガニックのマカを購入したい場合は「有機JASマーク」があるかどうか確認をしましょう。

オーガニックのマカはどこで作られている?

オーガニックのマカを栽培している場所は、主にペルーと日本です。
ペルーではとても気候の移り変わりが激しい土地であり、強風や強い日差し、昼夜の温度差などが特徴として挙げられます。
このような厳しい環境の中でオーガニック栽培を用いたマカは、たくましく育っていきます。
また、日本はペルーに比べると気候は穏やかですが、ペルー産のものよりも栄養が豊富であることが多いです。

オーガニックのマカを摂取するメリット

オーガニックのマカは余計な人工添加物を使用されていません。そのため、人工添加物によるからだへの害を気にする必要がありません。
マカに含まれている天然の成分や必要な栄養だけを補給できるため、質のよいマカを体内に摂取することが可能です。

オーガニックのマカは高い?

オーガニックのマカは、オーガニックではないマカと比較をすると栽培数は圧倒的に少ないです。
手間やコストがかかるため、オーガニックのマカは通常のマカよりも高値がつけられる傾向にあります。
しかし、その代わりに安全性を得ることができると考えれば、高値だったとしてもお金を出す価値はあるといえます。

まとめ

オーガニックのマカは少々高額ではありますが、健康や安全をお金に変えることはできません。
そのため、からだのためにマカを摂取しようと考えている人は、オーガニックのマカを摂取することを検討してみることをおすすめします。

関連コラム一覧